解約インサイトには、主に3つの部分があります。

  1. 顧客が解約してから1時間後に受信する、カスタマイズ可能な「解約の理由」を尋ねるEメール。

  2. アプリに埋め込んだカスタマイズ可能な「解約の理由」フォーム。これにより、顧客が解約する前にその理由のデータを収集します。

  3. 顧客が解約した後、その理由に基づいて連絡する自動フォローアップメールキャンペーン。




Eメールキャンペーン(#1)はオプションですが、解約インサイトには埋め込みフォーム(#2)が不可欠です。

セットアップの手順

1. 開始するには、解約の理由をカスタマイズします。

  • 解約の理由は、任意の方法で追加および再注文できます。

  • 既存の理由の1つを完全に異なるものに変更したい場合は、Xボタンを使用して理由を削除し、新しいボックスを作成することをおすすめします。

  • 各ボックスは、単一の理由にのみ関連付けられる必要があるデータポイントです。簡単な編集でも構いませんが、理由を「高すぎる」から「使いにくい」に変更すると、さまざまな理由のデータが混在してしまう可能性もあります。

2. 次に、顧客に解約理由の入力を求めるタイミングを決定する必要があります。解約手続きをする前か後かを選択することができます。

  • 解約する前に理由の入力欄を埋め込むことをお勧めします。これは、解約インサイトに不可欠です。

    • 作業を進めながら、必要な各アイテムを編集します。コールアウトと色を変更し、これを解約する必要があるかどうかを決定します。

    • 次に、解約インサイトコードを埋め込む必要があります。このヘルプドキュメントにアクセスして支援してください。

  • 解約後 、Eメール応答オプションを選択する必要があります。これは完全にオプションで使用できます。

    • 作業を進めながら、必要な各アイテムを編集します。Eメール、件名、その他編集したいものから変更します。

    • 必ず右側をオンにしてください。

3. 最後のステップは、フォローアップEメールキャンペーンを設定することです。詳細はこちらから見れます。

注意点:

  • 解約インサイトのEメールは、Stripeでのサブスクリプションの解約によって発生します。特定の解約時に送信され他の解約時はメールを送らない、ということはありません。キャンセルフォームを埋め込み解約される方に回答してもらうだけで、後々より良いサービスの提供につながります。

回答が見つかりましたか?